2014年07月20日

赤ちゃんのコロコロウンチを簡単に解消する方法

赤ちゃんの離乳食が進むにつれて増えてくるのが、お通じの悩みです。
特に硬いコロコロウンチは、赤ちゃんにとっても本当に辛いものです。

マッサージや普段の食事などで、出来るだけ自然なお通じをさせてあげたいと
工夫をしても、なかなかうまくいかない事もありますよね。

そんな時に簡単にコロコロウンチを改善できる方法があります。



赤ちゃんの便コロコロウンチの原因は、おっぱいやミルクを飲む量が少なかったり
離乳食の量が少なかったりする時に起こります。
また暑い時期にも、水分不足などで起こったりと、様々な要因があります。


その中でも一番気を付けて欲しいのが
赤ちゃんの腸の中の『善玉菌』の量です。

離乳食を始める前の赤ちゃんの腸の中の殆どは、
『善玉菌』で守られていているので、それ程ひどい便秘を起こす事はありません。

でも、離乳食が進むにつれ、栄養のバランスが乱れがちになり
善玉菌が少しずつ減り始め、それとは反対に『悪玉菌』が増え始めます。


腸内の悪玉菌が増え始めると、赤ちゃんの食欲が無くなってきたり
肌がガサガサになってきたりと、様々なトラブルが出てきます。

毎日無理なく、スッキリとウンチが出せるように
お腹の中に強い善玉菌を増やす事が最も大切です。


強い善玉菌を育てる力が最も強いのが『オリゴ糖』です。
でも、一言で『善玉菌』といっても、体内に住んでいる善玉菌の種類は
300以上にものぼります。
たった1種類のオリゴ糖を飲んだところで、赤ちゃんに合っていなければ
全く意味がありません。


そこで便利なのが『はぐくみオリゴ』というオリゴ糖です。
はぐくみオリゴは、100%天然成分で出来たオリゴ糖です。
そのため、便秘薬が飲めない妊婦さんから赤ちゃんまで
幅広く飲む事が出来ます。


赤ちゃんのひどい便秘で、お腹マッサージや食事の改善など
いろんな方法を試してうまくいかなかったママさん達が
試しに赤ちゃんに使ってみたところ、

「翌日には自然な便がドッサリ出た!!」

と、口コミで話題になったそうです。


私も生後半年の娘のコロコロウンチが続いた時に飲ませてみたのですが
飲んだ翌日には、見事にビックリする位のウンチが出ました。
しかも苦しむ事無く、スムーズに出てくれて
あの時は本当に嬉しかったです。


今までウンチが出ない時には、綿棒で浣腸などをして
随分娘には苦しい思いをさせてしまっていましたが
はぐくみオリゴを飲むようになってからは
毎日スッキリとウンチが出るようになり、今では便秘知らず。
あんなに親子で苦しんでいたのが、ウソのように感じます。


コロコロウンチで苦しむ姿は、やっぱり見ている方も
辛いですよね。


お子さんのコロコロウンチで悩んでいるママさん達には
一度試してほしいと思います。

▼はぐくみオリゴの詳しい情報はこちらから▼






























posted by まみい at 11:58| Comment(0) | 赤ちゃんのお通じについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

赤ちゃんが“便秘”と判断するのは何日目??

赤ちゃんが2〜3日お通じが無いと、便秘なのではないかと
とても心配になってきますよね。

でも、赤ちゃんの様子を見てみると、さほど機嫌が悪い訳でもない
時って、浣腸をするべきかどうか、とても判断に迷う時があります。

赤ちゃんにより多少の個人差はありますが
便秘の状態と判断するのは、便が出ない日数ではなく
排便の時に苦しがらないか、また出た便の硬さ等を見て
判断する方が良いでしょう。

たとえ毎日お通じがあったとしても、排便の時に
肛門が切れたり、出た便がコロコロだったりする場合は
便秘の状態と言えるでしょう。

また、排便の時にスムーズに出ずに、しそうにしている時も
便秘の状態かもしれません。

たとえ1週間お通じが無くても機嫌が良く、排便の時に
スムーズに出来て、便が柔らかければ
便秘ではありません。


日頃から繊維の多い食べ物をバランスよく摂り
水分補給を十分に行う事で、赤ちゃんの便秘は
かなり解消するはずです。

また、日中しっかり運動させる事も大切です。




posted by まみい at 23:08| Comment(0) | 赤ちゃんのお通じについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃんのウンチがコロコロ・・・病院に行くべき?

赤ちゃんのウンチがコロコロしている時に
病院に連れて行くべきかどうか、悩んでしまいますよね。

もう数日便が出ていないのに、機嫌はそれ程悪くないと
いう場合、特に判断が難しく感じます。

赤ちゃんの月齢、年齢にもよりますが
離乳食前のミルクや母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合
特に混合栄養の赤ちゃんは、3〜4日はウンチが出ない
事も良くあるそうです。

その後ウンチが出る時に、苦しそうに踏ん張って
排便していないか、また出たウンチがコロコロしていなければ
病院を受診しなくても良いでしょう。

ただし、綿棒などで浣腸をしなければウンチが出ないという
事が続く時は、自力でウンチをする事が出来なくなっている
という様な事も考えられますので、その場合は
すぐに病院を受診してください。


そして、もう少し大きくなった1〜2歳以降の赤ちゃんが
コロコロのウンチをするのには
特に生活環境が大きく左右している場合があります。

コロコロウンチになる前と、なった後の生活のパターンを
見直してみてください。

便秘になった頃から、外出が普段より多くなったり
お母さんが忙しくなったりと、生活のリズムが
乱れがちになってはいませんか?

普段とは違う生活リズムの流れによって
赤ちゃん自身の気持ちが落ち着かず
便秘になりやすくなる事もあるそうです。

出来るだけ毎日同じリズムで生活する事が
赤ちゃんのコロコロウンチや便秘を
解消するポイントの1つです。

また、水分不足なども便が出ない原因でもあります。
赤ちゃんは汗をいっぱいかきますので
水分補給をマメに行ってください。


それでも改善しない場合、便がコロコロ過ぎて
肛門から出血している場合、赤ちゃんが排便時に
青ざめるような表情をしている場合などは
病院を受診した方が良いと思います。

ウンチがスムーズに出なくなると、
排便の恐怖が先に立ち、自分でウンチをする事を
しなくなってしまう場合もあります。

今回は、一般的な病院受診の目安を紹介しましたが
ママさんが心配であれば、いつでも小児科を受診して
先生に相談してみてください。

posted by まみい at 05:52| Comment(0) | 赤ちゃんのお通じについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。